強度の精神病で回復の見込みがなければ離婚できる

精神病で回復見込みなしは離婚できる

離婚原因として認められない精神病


自分のパートナーが精神病に罹患しているという理由から、裁判所での離婚を行おうと考えている方は比較的多く折られることでしょう。しかし、離婚事由として認められるのはある特定の精神病だけであり、その他の精神病であれば離婚の原因として認められないのはご存知でしょうか。それゆえに、これから裁判で離婚しようと考えているのであれば、まずその精神疾患が離婚原因として当てはまるのかどうかを知っておく必要があります。

パプリカ

一般的に離婚の自由として認められる精神病には強度のものであるという定義がなされています。ですから、離婚の事由にはならない精神病であれば、強度ではないものが適応されると考えて構いません。ですから、アルコール中毒やうつ病、神経性障害などの精神病であれば、どれだけ症状が重かったとしても離婚の対象とされる精神病ではないのです。

 

このようなことからも、もし自分のパートナーがこれらの精神病であった場合は、離婚はできないという可能性があります。それゆえに、確実に離婚をするのであればパートナーを再度診察してもらい、医師から離婚の対象となる精神病の診断名をつけてもらうことが必要となるでしょう。そうすれば、スムーズな離婚ができるはずです。


コメントを受け付けておりません。