強度の精神病で回復の見込みがなければ離婚できる

精神病で回復見込みなしは離婚できる

偏執病


離婚を裁判で行う場合、離婚する理由となる精神病がいくつか存在しています。その精神病の特徴としては、強度であり治る見込みがないということが大きな特徴であるのです。そして、その精神病の中の1つとして存在しているのが、偏執病という病気であります。あまり耳にしたことが無いという人も多いですが、一般的にはパラノイアなどの名称で認知されているものです。パラノイアは自分が偉大な人間であると考えてしまったり、誇大妄想やその他の様々な偏執的性格の傾向を見せるのが特徴的であります。ですから、その症状が日常生活に大きな影響を与えてしまい、夫婦生活にも多大なるダメージを与えると考えられているのです。

 

 

この症状は、性格的な部分との関連も大きいことがあります。ですから、自分はすばらしい人間であると考えている人がパラノイアの状態に陥るというのもよくある話です。ですから、元々からパートナーに自分を大きく見せるような性格的傾向があったのであれば、パラノイアに陥ってしまうリスクがありますので、充分に注意しておきましょう。そうすることで、もし離婚をするような場合になったとしても離婚理由の立証としても役立ちますので、必ず気をつけておいたほうが良いです。ドリンク02


コメントを受け付けておりません。