強度の精神病で回復の見込みがなければ離婚できる

精神病で回復見込みなしは離婚できる

アルコール中毒、薬物中毒、ヒステリー、ノイローゼは精神病に属さない


離婚原因が認められるものの一つとして、精神病が挙げられます。しかし、アルコール中毒・薬物中毒・ヒステリー・ノイローゼは精神病に属さないとされ、離婚原因として認められません。
とはいえ、これらの状況を持っている相手と夫婦としてやっていくのはなかなか大変です。中毒ですので、やめたくてもやめられないという場合もあるでしょう。
では、これらの症状があり、離婚したいと考えた場合、どのような条件があれば離婚原因として認められるのでしょうか。ピーマン02
その一つとして、他の精神病を併発していないかを探るという方法があります。例えば、薬物中毒に陥った原因がうつ病から来た場合は、うつ病という精神病を理由に、離婚原因として届けを出せばよいのです。ノイローゼに陥ったのが、夫の浮気が原因であれば、それを理由に届けを出せばよいのです。単発で起こる場合もありますが、何らかの原因が引き金になることも多いですから、諦めずに原因を突き止めるとよいかもしれません。
もちろん、離婚をせず病気と向き合って夫婦のきずなで解決していくよう努力するという方法もあります。しかし、薬物中毒の夫を相手にしていたら自分がノイローゼにというのでは意味がありません。今後のことをよく考えて良い解決策を見つけてみてください。


コメントを受け付けておりません。